google-site-verification: google03647e12badb45de.html お知らせ - 遍照院 へんじょういん  お護摩と占い鑑定【公式】

遍照院 へんじょういん 
お護摩と占い鑑定【公式】

お知らせ

Welcome to "Henjouin temple"
お祈りごとも、お祓いも、
占いも、迷いごとの相談鑑定も、
丁寧な供養や鎮魂も
宗派が違っても、
檀家じゃなくても、頼りに出来るお寺
遍照院へようこそ。

D.バースデー♪

2024 / 06 / 15  22:49
615.png

お大師さんのバースデー。

9日の別院月例では、昨年の誕生所善通寺での誕生1250年法会で行なった誕生講式の声明をチョットだけ加えて、前倒しに祝祷(そういえば高野山でも青葉祭りは9日にやったそうで?)

615-t.jpg

 

ですが今日6月15日が誕生日。本日は大師法でお護摩をお勤めしました。

 

それにしても、大師の開いた高野山は観光客年間140万人だそうで・・弟子の修行&自身の入定の地として深山幽谷の高野山を選んだ大師としては、この現状はきっと不本意だよね(~_~;)

 

とは思うのですが、1200年後にもそれ程の人々を引き付けて止まない地を開創した、というのはどれほど先見の明があった人なのか、と改めて驚愕するばかりです・・そういう智慧の眼の一端にでも本当にあやかりたい(^^;

nigaoe_kuukai.png

 

で、こういう日ですので、お大師さんの言葉をご紹介。

【近くして見難きは我が心なり】

 

他人のこととなりますと、余計な程に見えるものですし、見えているつもりになります。ですが、自分のこととなると?・・思う以上に見えない、見たくないもの(;'∀')

 

鏡に写してこそ自分の顔姿を知ることが出来るように、仏の教えに照らしてこそ自分の心は見えて来るもの、であります。※鏡の例えは仏教の深い所で重要なキーワードになります。ちなみに神道でも鏡は大切なアイテムですね。

mirror_woman_smile.png

祈りの場とは【その人の本性が現れる場所だ】と何度も申し上げていますが、祈りに向き合う場面とは、何気ない参拝でも知らずに自分の気品や気高さから浅ましさやゲスっぷりまで、さらけ出すものです。怖いですね~

 

祈りとは「仏の教えに照らして、見難き我が心を見据えようとすること」これがスタートです。そこに写し出される自分は、仏から見られているのみならず、他者から「そういう人」と見られている貴方自身、ということでもある。

 

叱られるとすぐパワハラだのと憤慨するバカ傾向の世ですが、指摘注意されるうちが、期待され見込まれているという花ですよ(^^; 仏前でのその態度、叱られなくなった年代こそ人生に損していないかな~自戒自戒です。

ドラちゃん⁉

2024 / 05 / 31  18:54
528j.jpg

 

お不動さんの縁日は28日ですので、正五九は月末の駆け込み祈祷みたいになりますが(^^;

 

平日ながらお参り頂きました皆さま方には、増し増しの冥護がありますように!

 

なんか強い匂いするぞ~?と思ったら、26日頃に本堂に置いているドラセナが咲き~~

検索すると、5~10年に一度咲く花なのだとか⁉

dora.png

 

別名「幸せの木」とも言うらしいこの木の、稀なる花咲きタイミングでのご参拝、吉兆になればいいですね>▽<

 

ただ、この花が咲くのは秋から冬らしい・・高野槇の松ボックリならぬ槇ボックリも、この時期にはない大きさですし・・昨年の酷暑と過度の暖冬で植物の体内時計も狂ってしまってる・・?とすれば、笑ってばかりもいられない⁉

正五九四天!

2024 / 05 / 12  21:16
sitennoj.jpg

盛岡別院の月例法会。

愛染王の、苛烈な火焔ながらもキレイにまとまった善きお護摩となりました。祈願各位にはご安心ください。

 

にしても、壇上法具は触れないほどの灼熱、内衣は汗だくと、暑中先取り修行状態(◎_◎;)

 

また既述の通り、正五九詣りでもありますので~参拝の皆様には特別に、普賢延命の四方を固める四天王を内拝!

 

太元堂参拝者には、四天王は比較的馴染みの存在と思いますが、今日は間近でお祈りを。帝釈&四天王の巡回視察に忖度してもらえますように(^^;

 

また、開始した写経も早々にお取り組み頂いた方々がおられまして、有り難い事でございます。

 

ご参拝の皆様には、正五九の功徳増し増しに与りますよう、そして吉祥と心願成就をお祈りします。

 

正五九まいり♪

2024 / 05 / 10  18:19
正五九まいり♪

正月/5月/9月は「三斎月」と申しまして古来、仏参りの功徳が大きい月とされております。

 

なんでも、帝釈天や四天王が人間界を視察して、私らの行ないをチェックしていく時なのだとか⁉

 

供養を始め、ご祈祷などの仏事を行ない、寺詣りをして功徳を積むには絶好の時です!

 

万障繰りあわせてぜひ、お参りください>▽<ノ

釈尊誕生会なので!

2024 / 04 / 14  21:02
釈尊誕生会なので!

4月8日はお釈迦さまの誕生日。

本日の別院月例法会には、釈迦誕生仏の灌仏も行ないました。

 

ご祈祷も大変善きお護摩となり、ご参拝皆さまには勝縁でございました。参拝御礼と吉祥をお祈りします。

 

さてそういう訳で、今回はリアルのお釈迦さまの言葉に近いとされるお話を、と思ったのですが、話の着地点を考えないまま&想像以上に気温が高く(法会後の車の外気温計27℃;)冬衣にお護摩で半分熱中症気味状態で、我ながら何を話したのか思い出せぬありさまで、参拝皆さまには失礼しましたm(__)m

 hanamatsuri_tanjoubotoke.png

つきましてはここに、本日のお話を改めて整理して書きます~~

 

仏教のお経は、釈尊滅後に弟子らが「我はこう聞いた」というものを集成し承認し構築されたもので(故にみな如是我聞で始まります)、釈尊が記述したものは無いのですが、釈尊の言葉に一番近いと考えられている原始経典があります。それはスッタニパータと言います。

 

今回は釈尊誕生日という機会ですので、リアルなお釈迦さまの言葉を紹介させてください。

 

スッタニパータの中の、アーラヴァカの経、というお話です。

 

アーラヴァカ夜又という精霊(神)が、お釈迦さまに問いかけました。

沙門よ、我が問いに答えなければ 私はお前の心をかき乱すか、心臓を破るか、両足を掴んでガンジス川の向こうに投げるであろう

 

釈尊応えるに

友よ、私は神々悪魔(中略)人間を含む世界で、我が心を乱し心臓を破りガンジスの向こうに投げる者を見ない。友よ、望む所を尋ねよ

 nigaoe_buddha.png

夜叉は尋ねます

この世で人間の最も優れた富はなんですか、安らぎをもたらすものは、美味なものは、どのように生きる命がすぐれているのですか」

 

釈尊「この世では信仰が最も優れた富である、教法が安らぎをもたらす、美味なものは真実である、最勝の生き方は智慧によって生きることだ」

 

以下、続けて夜叉は問い、釈尊はそれ答えます。煩雑になるので以下、釈尊の返事の一部分のみ。

 

人は信仰によって激流(生死など煩悩)を渡り、怠りなきによって海を渡る(彼岸へ行く)。精進によって苦を超え、智慧によって清らかとなる

 kyuujo_ukiwa_tasukeru.png

涅槃を得る教法を信じ、それを聞こうと願い、怠らず明察すれば智慧を得る

 

ふさわしい事をして、重い荷を持って奮起する者は財物を得る

 

真実によって栄誉を獲得し、施与は友情を結ぶ

 

そしてこう締めくくります。

信仰があって、在家生活をする者に、真実、教法、堅固、施与の4つの特性があれば、その者こそ来世を憂うることがない」
omairi_family_kimono.png

以前にもお話してますが「仏教は哲学みたいなもので、信仰だの不思議だの神話めいたものは後世に作られたもの、釈迦の本当の教えにそんなものはない」という、自称仏教学者みたいな者の論がもてはやされた時期がありました。信仰=宗教性を否定することが賢い在り様なのだ、と言わんばかりに。

 

しかし、リアル釈迦に極めて近い原始仏典には「精霊」も登場し、釈迦自身が「信仰こそ、人間の最も優れた富である」と述べておられます。

 

理屈理論で世の、生き様の、全てが解決できると思う事が、如何に傲慢ということか。

 

仏教では、その個人毎に適し応じた道(中道)を用いる事が全てであるから、一神教のような絶対普遍の教説はありません。

 

「三法印」に立脚して真実へいざなうものならば、如何なる教説も仏説となる。これが、八万四千の法門と、成仏に至った者達が誓願として諸仏諸天となり顕現する、大乗の展開へとなったわけです。そこには、己も菩薩として仏として精霊として教えを展開し、志同じく仏説を奉じる者を救わんとする数多の誓願力も加味されている。

 hotoke_shitennou_tamonten.png

生まれては死ぬという定めに不如意の苦しみを負わされている生命ですが、真っ当なる信仰には「その苦しみから度脱する教え」「教えを奉じて力を与える様々な衆力」がもたらされる。そしてそれは来世をも救う。信仰こそ、苦海を生きる人間には「最も優れたる富」というのはそういうことではないか、と思うのです。

 

 

宗教という名のもとに、実質は金集め集団とか教祖への奴隷化でしかない邪教が蔓延っているせいで、信仰そのものが怪しい危ないとみなされる風潮になってしまっているのは、嘆かわしく悲しく思います。

 

しかしながら、釈尊直々に「信仰は最も優れたる富」と言うのです。自助だけではどうにもならない、そして生存そのものに関わる苦しみには、涅槃を下敷きにその教えに付き従い力を援ける衆を伴う「信仰」は、まさに理屈だけで生きる人には分からない「力と救い」を得るのです。死なずとも既に現世にその利益を体験している皆様には蛇足でございますね。


hotoke_fudou_myouou.png

そしてこの経の最後、この教えより優れたものがあるならば他のバラモンに問うがよい、と釈尊が言うと、アーラヴァカ夜叉は「どうしてそんなことがありましょうか(中略) 目覚めた方は私の為に来られた、今日わたしはどこに施与すれば大きな功徳があるかを知っています(中略) 等覚者と素晴らしい教法を礼拝しながら」と述べています。

 

原始経典に見える釈尊の言動は、私が知る範囲でも甘さはホント見えません。その中に「信仰」を「最も優れた富」と申されている。本日お参りされている皆様には、そういう信仰を持たれていることを、自負できる生き様として自信を持たれ、更にご自身も磨いていただければ幸いです。 buddha_nehan_pose.png

ちなみに、このアーラヴァカ夜叉とは、アーラヴィー族という種族の奉じる神/精霊であったようですが、これはアータヴァカ=太元帥明王へと展開します。そう、太元帥明王は釈迦の教導によって、夜叉から明王へ成道した仏さまであります。

 

すなわち、阿弥陀仏や観音などの尊格が生まれる遥か以前、原始仏典というかリアル釈迦に仏教の原初に由緒を持つ仏であります。日本仏教ではあまり馴染みのない尊格でありますが、実には皆さんご存じの大乗仏教の仏さま以上に、仏教の原点に縁じている仏さま。

 

当山にご縁があって太元堂にお参りされている皆様には、そういう点も含んでご自身の信仰と勝縁を噛みしめ、喜悦ご信仰を深めて頂きたく。lucky_yotsuba_clover_girl.png

 

法会後に天狗の里へ買い物に行きますと、道路を挟んだ山を駆け上がる鹿の姿が!しかも5~6頭⁉野生のそんな姿を見る機会など無いのでビックリしましたが、そういえば、釈尊の初転法輪の地はサールナート、日本語訳では鹿野苑・・鹿が多く住む場所だったのだとか。釈迦灌仏やった後にこういう光景に出会うのもまた有り難しかな、でした(^^;

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...